大乗仏教

大乗仏教

日本に伝わった仏教は大乗仏教ですが、伝統的にユーラシア大陸の中央部から東部にかけて信仰されてきた仏教の分派のひとつになっています。

すなわち、国産の仏(=仏像)とはこの大乗仏教に則った世界観で産み出されているという事になります。

仏を知る=大乗仏教を知る、という事でここでは大乗仏教についておさらいしてみたいと思います。

見仏しま専科
1日あたり、最安値車両は免責補償込みで4,000円という超驚きのレンタル価格。京都 レンタカー http://carsharing-kyoto.com/ポータブルナビとETC、さらには旅の必需品ともいえる、FMトランスミッターまでも標準装着しています。

大乗仏教の足跡

紀元の前後から、アフガニスタンから中央アジアを経由して、中国・朝鮮・日本・ベトナムに伝わっている北伝仏教。チベットでは8世紀頃から僧伽の設立や仏典の翻訳を国家事業として大々的に推進していきました。そして同時期にインドに存在していた仏教の諸潮流を、数十年の短期間で一挙に導入しています。その後チベット人僧侶の布教によって、大乗仏教信仰はモンゴルや南シベリアにまで拡大されていったチベット仏教があります。

7世紀ごろベンガル地方で、ヒンドゥー教の神秘主義の一潮流にあるタントラ教と深い関係を持った密教が盛んになりました。この密教は、様々な土地の習俗や宗教を包含しながら、仏を中心とした世界観の中に統一して、すべてを高度に象徴化して独自の修行体系を完成して、秘密の儀式によって究竟の境地に達することができ仏となること(即身成仏)ができるとしています。密教は、インドからチベット・ブータンへ、さらに中国・韓国・日本にも伝わっていき、土地の習俗を包含しながら、それぞれの変容を繰り返しています。

考古学的には、スリランカ、そして東南アジアなど、現在の上座部仏教圏への伝播も確認されているようです。スリランカでは東南部において遺跡が確認されており、上座部仏教と併存した後に12世紀までには消滅したようです。また、東南アジアではシュリーヴィジャヤなどが大乗仏教を受入れ、その遺跡は王国の領域であったタイ南部からスマトラ、ジャワなどに広がっています。インドネシアのシャイレーンドラ朝のボロブドゥール遺跡なども著名であると言われています。東南アジアにおいてはインドと不可分の歴史的経過を辿り、すなわちインド本土と同様にヒンドゥー教へと吸収されていきました。

マイブームよ、どこだ
ATTIのマンツーマンコースは初心者の方から上級者の方まで誰でも出来るレッスンなので目標がある方にお勧めです。 韓国語教室を東京でまた皆さんのご都合に合わせてレッスンの時間を決めて頂くので忙しい方やお仕事の時間がシフトになっている方もOKです。